●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

Android Studioのインストール


まず、Android Studioをインストールして設定をおこないます。

そして、最後に、サンプルで「HelloAndroid」のプロジェクトを作成します。

Android Studioのダウンロード


まず、Android Studioをダウンロードします。

  1. グーグルで、「Android Studio」などで検索します。

  2. 「Download Android Studio and SDK tools - Android Developers」をクリックします。

    直接以下のURLをクリックしてもよいです、


  3. 以下の画面が表示されます。


  4. 「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリックします。

  5. 「利用規約」が表示されます。
    「上記の利用規約を読み、同意します。」にチェックを入れます。
    「ANDROID STUDIO FOR WINDOWSダウンロード」をクリックします。

  6. ダウンロードが始まります。
    「900MB」くらいの容量です。

  7. ダウンロードされたプログラムをダブルクリックします。
    この時のプログラム名は、以下になります。
    数字はバージョン番号になります。

    「android-studio-ide-183.5452501-windows.exe」
    です。

  8. 「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」をクリックします。

  9. 以下の画面が表示されます。


    「Next」をクリックします。

  10. 「Choose Conponents」の画面が表示されます。
    チェックが入っているのを確認して「Next」をクリックします。

  11. 「Configration Settings」の画面が表示されます。
    そのまま「Next」をクリックします。

  12. 「CHoose Start Menu Folder」の画面が表示されます。
    そのまま「Install」をクリックします。

  13. インストールが始まります。

  14. インストールが終わったら「installation Complete」の画面が表示されます。
    「Next」をクリックします。

  15. 「Completing Android Studio Setup」の画面が表示されます。
    「Finish」をクリックします。

  16. 「Import Android Studio Setting From...」の画面が表示されます。
    特にインポートするデータがない場合は、そのまま「OK」をクリックします。

  17. 「Data Sharing」の画面が表示されます。
    グーグルが、Android Studioの使用状況を匿名で集めてもよいかと言っています。

    良ければそのまま「Send usage statistics to Google」をクリックします。
    送らないのであれば「Don’t send」をクリックします。
      

「Android Studio」のインストールが終わりました。


Android Studioの初期設定


前の画面に続いて、Android Studioの初期設定をおこないます。    

  1. 以下の「Android Studio Setup Wizard」が表示されます。



    「Next」をクリックします。

  2. 「Install Type」の画面が表示されます。
    そのまま「Next」をクリックします。

  3. 「Select UI Theme」の画面が表示されます。
    そのまま「Next」をクリックします。

  4. 「Verify Settings」の画面が表示されます。
    「Finish」をクリックします。

  5. コンポーネントをダウンロードしてセットアップが始まります。
    355mbくらいあります。

  6. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は「はい」をクリックします。

  7. 「Downloading Components」の画面が表示されます。
    「Finish」をクリックします。

  8. 以下の画面が表示されます。


      
    最初の画面です。セットアップが終了しました。


アップデートの確認


  1. 前の画面で「Configure」の「Check for Updates」をクリックします。

  2. 以下の画面が表示されます。



    アップデートはありません。
    もしある場合は、インストールしてください。
    「Close」をクリックします。


追加のSDKのダウンロード


追加のSDKをダウンロードしてインストールします。

  1. 以下の「Android Studio」の最初の画面を表示させます。



  2. 右下の「Configure」をクリックして「SDK Manager」をクリックします。

  3. 以下の画面が表示されます。
    2019年4月24日の時点では、APIのレベルは「28」になっています。



  4. 右下の「Show Package Details」をクリックします。
    詳細が表示されます。

  5. APIレベルの27もインストールします。

    • Android SDK Platform 26
    • Android SDK Platform 27
      と上の
    • Google APIs Intel x86 Atom System Image
      の横にチェックを入れます。
        
       
  6. 左のメニューの「SDK Tools」タブを選択します。

  7. 右下の「Show Package Details」にチェックを入れます。
    詳細の内容です。

  8. 以下の項目にチェックを入れます。
    チェックの入っていないものだけチェックを入れます。

    • Android SDK Build -Toolsの26の最新版(26.0.3)
    • Android SDK Build -Toolsの27の最新版(27.0.3)
    • Android SDK Build -Toolsの28の最新版(28.0.3)
    • Android Emulator
    • Android SDK Platform-Tools
    • Android SDK Tools
    • Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)
    • ConstraintLayout for Androidの最新版(1.0.2)
    • Solver for ConstraintLayoutの最新版(1.0.2)
    • Android Support Repository
    • Google Repository
        
       
  9. 右下の「OK」をクリックします。

    <<注意>>
    この時点で
    「Unable to resolve dependencies for Google APIs Intel x86 Atom System Image」というエラーが出ました。
    とりあえずチェックを外してインストールして後で再度、この項目だけ追加しても良いと思います。
    次の日に再度、Android Studioを立ち上げて同じ項目を選択するとエラーは出ませんでした。

  10. 「Confirm Change」の画面が表示されます。

  11. 「OK」をクリックします。

  12. 「License Agreement」の画面が表示されます。

  13. 左上の「android-sdk-license」を選択して「Accept」をクリックします。

  14. 同じように左の「android-sdk-preview-license」を」選択して「Accept」をクリックします。

  15. 「Next」をクリックします。

  16. 「Componet Installer」の画面が表示されます。
    ダウンロードとインストールが始まります。かなりの容量があります。時間がかかります。

  17. ダウンロードとインストールが終わりましたら左下に「Done」が表示されます。

  18. 「Finish」をクリックします。

  19. 最初の画面が表示されます。

これで、全部の「Android Studio」のインストールと設定が終わりました。   


サンプルの作成


それでは、実際に、Android Studioで、プロジェクトを作成してみます。

「 Hello World」と表示するプロジェクトを作成します。

  1. 以下のAndroid Studioの最初の画面から「Start a new Android Studio project」をクリックします。



  2. 「Choose your projject」の画面が表示されます。
    「Empty Activity」が選択されています。

  3. 「Next」をクリックします。

  4. 以下の画面が表示されます。



  5. とりあえず、サンプルを作りますので、そのままでよいです。一部変更します。

    • Name:My Application(規定値)
    • Package name:com.example.myapplication(規定値)
    • Save location:C:\Users\XXX(ユーザー名)\AndroidStudioProjects\MyApplication(規定値)
    • Language:java(ここは変更します。)
    • Minimum API level:API15:Android 4.0.3(iceCreamSandwich)
        
      
  6. 「Finish」をクリックします。

  7. ダウンロードが始まります。
    「Windows セキュリティの重要な警告」が表示される場合は「アクセスを許可する」をクリックします。

  8. 以下の画面が表示されます。




<<注意事項>>
HAXMのインストール中に、VT-xに関するエラーが出てインストールに失敗する場合があります。
これは、PCの仮想技術そのものが無効になっていることが原因です。
「BIOSの設定」で「Virtualization Technology」が「Disable」になっている場合「Enable」に変更します。
Android Studioを再インストールします。


これで、「Android Studio」をインストールして、サンプルのプロジェクトを作成することが出来ました。




[↑一番上へ]
[ドローンの知識とプログラミング(ホームへ)]
08:501208