●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

FPV飛行と自動飛行


ドローンの「FPV飛行」と「自動飛行」について説明します。

一般的には、ドローンは、目視でドローンの状態をを見ながら、送信機(プロポ)のジョイスティック(スティック)を使って操作します。

航空法では、ドローンは、目視で飛行するように決められています。
目視外の飛行は、申請する必要があります。

でも、カメラやGPSなどが付いているドローンがありますので、いろいろな飛ばし方があります。

「FPV飛行」と「自動飛行」です。


FPV飛行とは


FPVとは、「First Peson View」の略です。

日本語で「1人称視点」という意味です。

FPVの飛行とは、VR(Virtual Reality:仮想現実)用のゴーグルをつけて、ドローンのカメラ映像をVRのゴーグルでみてドローンを操縦することができます。
ゴーグルを着けないで、画面で操作する場合もあります。

自分がドローンに乗っているような感覚を楽しむことが出来ます。
パイロット感覚ですね。

でも、現在の日本では、目視外飛行については申請が必要です。

許可をとって、飛行させる必要があります。


FPV飛行の注意点


FPV飛行の注意点です。
次のようなことがあります。

  1. ドローン視点の映像のみを見ていると、ドローンの周囲の変化や機体の変化を見落としたり、または気づくのに遅れることがあります。
    落下や、衝突などの危険につながる場合もあります。

  2. FPV飛行を行う場合は、周囲の安全な状況であることを確認してから飛行させます。
    通常の飛行に慣れてから行うようにします。


FPV飛行の申請


FPV飛行については、目視外飛行に該当するため、各航空局に許可申請をおこない、承認を得る必要があります。

承認は、

  1. ドローンの機体の能力
    ドローンにFPVの飛行能力が必要です。

  2. 操縦者の操縦技能
    高度な操縦する技能が必要です。

  3. 安全体制
    安全が確保されている必要があります。

などを総合的に勘案して、人や物件の安全が損なわれる恐れがないと認められる場合に承認されます。


FPV飛行の飛行場所


飛行させようとする経路及びその周辺を事前に確認し、飛行状況及び周囲の気象状況の変化などを常に監視できる補助者を配置し補助者が操縦者に安全に飛行させることができるよう必要な助言をおこなえる体制を整える必要があります。

ただし、飛行経路の直下やその周辺に第三者が存在している可能性が低い場合は、前述の限りではないそうです。
申請する場合に確認した方が良いと思います。


FPV飛行の練習方法


操縦者の技能として、ドローンのカメラの映像を送信機(プロポ)などのモニター(画面)やVRゴーグルなどを見ながら遠隔操作により、意図した、飛行経路を飛行させることや安全に着陸させることが求められています。

練習では、モニターを見ながら飛行させた場合の映像の見え方と実際の飛行高度の違いや障害物までの距離感の違いなどを確認する必要があります。

事前に飛行ルートを確認することも重要です。


これから、「自動飛行」について説明します。


自動飛行とは


ドローンの操縦は、一般的に送信機(プロポ)による手動操縦の他に
指定したルートを自動で飛行することも可能です。

大きく2つの自動飛行があります。

  1. GPSによる自動飛行

    地図とGPSを組み合わせて、地図上の任意のポイントを複数指定することにより、ドローンの飛行ルートを自由に設定することが出来ます。
    また、飛行ルートだけではなく、ドローンの高度や飛行速度、カメラの向きや角度での細かな設定も可能です。
    撮影なども自動で出来るものもあります。

    特に、建設、土木分野で活用されています。
    ドローンにカメラやレーザースキャナなどを搭載して、自動飛行させて広範囲の計測を短時間で行っています。

    人が入れない災害現場でも活用されています。

  2. GPS以外による自動飛行

    精度や安全性を高めるためにGPSに頼らずに自律飛行するドローンも増えています。

    前後左右にセンサーを設置することで障害物を自ら避けて飛行するものや、レーザーによってデータを取得し精密な3D地図を作製しながらそれに応じて飛行をおこなうなどさまざまな方法があります。


自動飛行の申請


現在、航空法では、目視外飛行時には、補助員による監視が必要とされているそうです。
申請時に確認した方が良いと思います。

申請の内容は、上のFPVと同じです。


自動飛行の注意点


自動飛行の注意点です。

  1. 安全な飛行ルートを計画する必要があります。

  2. GPSが補足しにくい場所のルート設定には注意が必要です。
    特に、山の中や、壁、ビルなどがある場合は注意が必要です。

  3. 構造物や樹木の高さに注意します。
    衝突する危険もあります。

  4. 目視外飛行は、航空局に許可申請をもらう必要があります。


などです。




[↑一番上へ]
[ドローンの知識とプログラミング(ホームへ)]
08:501208